ベルハウススタッフblog。家づくりのこと、日頃感じたこと、美味しい情報、こだわりのもの、うれしいこと*


by bell-house

<   2017年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ようやくトータルステーションの調整・補正が完了し戻ってきました。

建築をつくる上での、一番、最初の作業が、建築物の正確な位置出になります。
その正確な位置出し作業を、トータルステーションを使用して行っております。

この機器のおかげで、第1種低層住居専用地域など、厳しい条件の際には、
外壁後退線など1~2cm程度の余裕のみでつくることができます。

c0074599_18402709.jpg
[PR]
by bell-house | 2017-02-27 18:46 | 建築 | Comments(0)
築21年になる社長の自宅
今年の初めにかけて実験的に断熱改修工事を行いました。
元々、その当時の高気密高断熱仕様になります。
断熱改修後を赤外線カメラにて熱画像を撮影してみました。
(21:00頃の撮影です。外気温は、氷点下です。)

その当時の気密工事やサッシ性能など、若干、弱い部分も見受けられますが、
今回の改修工事で上下温度差も以前よりも、より少なく、より暖かさを感じる様です。
吹き抜け部分にもかかわらず、床と天井の温度差は、1.3℃です。

c0074599_19184383.jpg


















外観でもサッシ廻りなどから多少、熱が逃げている部分が見受けらけます。
ちなみに左下部分の基礎等から熱が逃げている様子がありますが、
室外の熱源機器・集熱タンクからの熱ロスの様です。

c0074599_19191733.jpg
[PR]
by bell-house | 2017-02-20 19:51 | 会長宅 | Comments(0)
新住協さんから「燃費半分で暮らす家」の増補版が出ました。
住まいの燃費のご興味があれば、一読していただければと思います。

ベルハウスでは、新住協のQPECというプログラムを使用して
住まいの燃費(冷暖房エネルギー)を計算しております。

特別な設備にお金を掛けるのではなく、地域においての住まいの必要な断熱性能
とシンプルな設備機器を元に、長く住まうことのできる住まいづくりを目指して
おります。
c0074599_15204312.jpg
[PR]
by bell-house | 2017-02-17 08:43 | 家づくり | Comments(0)

冬場の基礎工事

冬場の基礎工事は、氷点下になるためコンクリート打設の際は、暖気養生・温度管理を行ってコンクリート工事を進めております。

コンクリートは、水と化学反応しながら硬化してきますが、その途中で水が凍ってしまうと、化学反応が止まってしまいコンクリートの強度が出なくなります。

c0074599_16325778.jpg


















上記、グラフの下の折れ線がコンクリート養生内の気温になります。
硬化するにつれて気温が上昇するのを確認してます。

また、上の折れ線が湿度になります。
気温とは、逆に硬化するにつれて湿度が下がってくるのを確認してます。

[PR]
by bell-house | 2017-02-14 16:41 | 家づくり | Comments(0)

引き渡し前の性能試験

今回も、暖房機器1台で家全体の暖房を行っております。

c0074599_09520393.jpg












1階の室温が赤線、2階の室温が緑線になります。また、暖房器具の設定温度に対しての
室温・消費燃費・自然温度差など計算上と比較しチェックしております。
最終的に赤外線などの機器を用いて外部・内部などの確認も行います。

問題なければ、ようやくお引渡しになります。


[PR]
by bell-house | 2017-02-11 10:02 | 家づくり | Comments(0)