ベルハウススタッフblog。家づくりのこと、日頃感じたこと、美味しい情報、こだわりのもの、うれしいこと*


by bell-house

春休み

仙台にも春到来179.png

子どもたちは春休み真っ盛り。
おかげさまで不動産部は繁忙期真っ盛り。
なかなか遠出は出来ないけれど、近場を満喫しました。

まずは行きたかったイタガキのフルーツバイキング付きランチへ事前予約して行きました。

c0074599_16243418.jpg

子どもたちにはお子様ランチプレート。
フルーツ食べ放題なので、たーっぷり頂きました。
c0074599_17244013.jpg


お腹も満たされたところで楽天のスタジアムへ。
春休みだしお天気も良いし、キッズ無料の日で大賑わい!テンションも上がります。

観覧車からのスタジアムの風景。
ひぃ~高い~。
c0074599_16243512.jpg

大人も子供も大いに楽しんでリフレッシュ。
繁忙期もあともうひと頑張りです166.png


ayako yamada


[PR]
# by bell-house | 2017-04-07 12:48 | スタッフ日記 | Comments(0)
3月17日・18日の2日間 新住協北海道大会へ参加してきました。
6年ぶりでの泊まり掛けの研修のため、時間通りに到着できるか乗り継ぎの部分で
多少、不安もありましたが、予定通りに到着し、参加することができました。

到着して直ぐに、新住協北海道会員さんの各現場を見学させていただき、
また、歴史のある十勝ツーバイフォー住宅の工事現場も見学することができました。
c0074599_17094716.jpg



















各住宅の工事現場では、北海道という地域にて快適な住環境造る上で、
より高い燃費性能を重視し、いろいろと工夫されていました。
今後の、家づくりに参考になるところが多々ありました。

研修会では、よりパッシブ的なデザインプランの提案や
生産現場で合理化などの対談など、実のある研修会になりました。

また、帯広名物の豚丼もいただく事ができ、大満足でした。
c0074599_17095177.jpg



















現在、ベルハウスでは、久しぶりにモデルハウスを計画しております。
ベルハウスらしいデザインをベースに一工夫した立体的なプランに、
一工夫した、よりパッシブ的な要素を加えたモデルになればと思います。
                       
                       ベルハウス 建築




[PR]
# by bell-house | 2017-03-29 17:15 | 家づくり | Comments(0)
ようやくトータルステーションの調整・補正が完了し戻ってきました。

建築をつくる上での、一番、最初の作業が、建築物の正確な位置出になります。
その正確な位置出し作業を、トータルステーションを使用して行っております。

この機器のおかげで、第1種低層住居専用地域など、厳しい条件の際には、
外壁後退線など1~2cm程度の余裕のみでつくることができます。

c0074599_18402709.jpg
[PR]
# by bell-house | 2017-02-27 18:46 | 建築 | Comments(0)
築21年になる社長の自宅
今年の初めにかけて実験的に断熱改修工事を行いました。
元々、その当時の高気密高断熱仕様になります。
断熱改修後を赤外線カメラにて熱画像を撮影してみました。
(21:00頃の撮影です。外気温は、氷点下です。)

その当時の気密工事やサッシ性能など、若干、弱い部分も見受けられますが、
今回の改修工事で上下温度差も以前よりも、より少なく、より暖かさを感じる様です。
吹き抜け部分にもかかわらず、床と天井の温度差は、1.3℃です。

c0074599_19184383.jpg


















外観でもサッシ廻りなどから多少、熱が逃げている部分が見受けらけます。
ちなみに左下部分の基礎等から熱が逃げている様子がありますが、
室外の熱源機器・集熱タンクからの熱ロスの様です。

c0074599_19191733.jpg
[PR]
# by bell-house | 2017-02-20 19:51 | 社長宅 | Comments(0)
新住協さんから「燃費半分で暮らす家」の増補版が出ました。
住まいの燃費のご興味があれば、一読していただければと思います。

ベルハウスでは、新住協のQPECというプログラムを使用して
住まいの燃費(冷暖房エネルギー)を計算しております。

特別な設備にお金を掛けるのではなく、地域においての住まいの必要な断熱性能
とシンプルな設備機器を元に、長く住まうことのできる住まいづくりを目指して
おります。
c0074599_15204312.jpg
[PR]
# by bell-house | 2017-02-17 08:43 | 家づくり | Comments(0)

冬場の基礎工事

冬場の基礎工事は、氷点下になるためコンクリート打設の際は、暖気養生・温度管理を行ってコンクリート工事を進めております。

コンクリートは、水と化学反応しながら硬化してきますが、その途中で水が凍ってしまうと、化学反応が止まってしまいコンクリートの強度が出なくなります。

c0074599_16325778.jpg


















上記、グラフの下の折れ線がコンクリート養生内の気温になります。
硬化するにつれて気温が上昇するのを確認してます。

また、上の折れ線が湿度になります。
気温とは、逆に硬化するにつれて湿度が下がってくるのを確認してます。

[PR]
# by bell-house | 2017-02-14 16:41 | 家づくり | Comments(0)

引き渡し前の性能試験

今回も、暖房機器1台で家全体の暖房を行っております。

c0074599_09520393.jpg












1階の室温が赤線、2階の室温が緑線になります。また、暖房器具の設定温度に対しての
室温・消費燃費・自然温度差など計算上と比較しチェックしております。
最終的に赤外線などの機器を用いて外部・内部などの確認も行います。

問題なければ、ようやくお引渡しになります。


[PR]
# by bell-house | 2017-02-11 10:02 | 家づくり | Comments(0)

社長宅-改修工事①-

平成8年9月に建築し、今年で築21年を迎える私の家(社長宅)。

定期的にメンテナンスはしてましたが、
大震災をきっかけに始まったここ5年の改修工事についてお伝えしていきたいと思います。

c0074599_14292241.jpg


2011.3.11 東日本大震災発生後、我が家も電気・水道などのライフラインが供給停止。
3月の寒い時期、物置にしまっていた石油反射式ストーブ1台を出して暖をとる。
45坪の家全体が18℃前後になり、服を1枚多く着れば何とか過ごせる事が出来た。
(現在のベルハウスの家づくりと比較すると、20年前施工のベルハウスの家である我が家の
断熱性Q値は2.5W/㎡Kレベルである。)

被害を受けた2つの親戚一家も我が家に呼び、総勢10人以上での数日間の共同生活を送りました。

震災後住まい手さんから、同じように、親戚がご自宅(ベルハウスの家)に集まり
ライフラインは不自由ながらも、暖かく過ごせたとの報告を受けました。

耐震性、断熱性に優れていると、家は人間を守るシェルターの役割と果たすことが出来ると
実感として理解できた。

自立循環型のエネルギー、災害に強い土地・家とは・・・。
過度のエネルギーに依存した建物ではなく、
より省エネ性(断熱性能)に優れた建物が世の中に求められていくのではないかと考えた。

自然エネルギーを取り入れた自立循環型住宅の重要性は今後ますます増し、
エネルギーを少なく、そして何より心豊かに暮らすライフスタイルがより大切になるのではないか。

まずは自邸で実験すべく大震災後には、まずは太陽光発電、太陽集熱機を設置しました。
エネルギーについての検証は次回へ。

つづく
[PR]
# by bell-house | 2017-01-07 15:56 | 社長宅 | Comments(0)
あけましておめでとうございます。

気持ちも新たに、スタッフ一同仕事に取り組んで参ります。
今年もどうぞ宜しくお願い致します。


c0074599_11443855.jpg


[PR]
# by bell-house | 2017-01-06 11:19 | スタッフ日記 | Comments(0)

ミナペルホネン

すっかり季節は秋から冬へ。
寒い外から、玄関を開けて、暖かい我が家が迎えてくれると
心身ともにほーっとします。

そんな寒い季節ならではの楽しみは、いろいろありますね。
私の場合は、食べ物はもちろん!ですが、お洋服の着こなしも楽しみのひとつ。

流行に関係なく、愛着を持って長く着ていける「ミナペルホネン」が大好きです。

c0074599_12582851.jpg



もう何年か前の事ですが、娘が赤ちゃんから6年間お世話になった保育所を卒園、小学校入学の節目の年。
どんな装いがいいかなと思いを巡らし、
ミナペルホネンのセレモニードレスを選びました。

c0074599_12582506.jpg



お洋服から伝わる愛情とその温かな願い。
娘の大切な節目に、ミナペルホネンのお洋服と巡り合えて
本当に良かったなぁと心から思いました。

大切に保管して、いつか、今度は孫娘が着てくれたら・・どんなに嬉しいことでしょうか。

お洋服のみならず、ミナペルホネンの生地を使った家具もとても素敵で、
いつか我が家にお迎えしたいなぁと。
いろいろ夢が広がります。

本格的な冬がまもなく到来。
皆さまどうぞご自愛くださいませ。


ayako yamada

有限会社ベルハウス
〒989-3128 宮城県仙台市青葉区愛子中央6-3-22
メールinfo@bellhouse.co.jp
tel 022-392-9880

【Twitter】http://twitter.com/bellhouse_sumai
【Facebook】https://www.facebook.com/bellhouse.jp
[PR]
# by bell-house | 2016-11-14 15:42 | スタッフ日記 | Comments(0)